忍者ブログ

Home > > VBSの関数をUWSCで実行する

[PR]

  • 2018-08-20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comments:

Trackback+Pingback:

Listed below are links to weblogs that reference
[PR] from 溺れる者はUWSCを掴め!

Home > > VBSの関数をUWSCで実行する

Home > 実用スクリプト > VBSの関数をUWSCで実行する

VBSの関数をUWSCで実行する

  • 2012-03-01
  • 実用スクリプト

VBSにある便利な関数をUWSCでも使いたいとか思う事もあると思いますが、そんな時に凡庸的な関数など作っておくと便利ですね。
と言うことで今回はVBSをUWSCで使うための使い回しの利く関数のサンプル。

//--VBSの関数を実行
PUBLIC scpt=CreateOleObj("ScriptControl")

//--sample
res=vbs("FormatDateTime(Now, 0)")
Msgbox("今日は"+res+"です。")
res=vbs("FormatDateTime(Now, 1)")
Msgbox("今日は"+res+"です。")

Function vbs(str)
   scpt.language="VBScript"
   src="Function re():re=$_func_$:End Function"
   src=Chgmoj(src,"$_func_$",str)
   scpt.AddCode(src)
   Result=scpt.Run("re") 
Fend

VBSのNow関数はUWSCでいうところのGetitem関数のようなものFormatDateTimeは日付をフォーマットする関数です。
今日が3/1だとしてこのsampleを実行すると結果は以下のようになります。

-結果-

  • 今日は2012/03/01 22:00です。
  • 今日は2012年3月1日です。

VBSの関数に関してはこちらなど参考にするといいでしょう。

FormatDateTime 関数 | VBScript関数リファレンス

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

Listed below are links to weblogs that reference
VBSの関数をUWSCで実行する from 溺れる者はUWSCを掴め!

Home > 実用スクリプト > VBSの関数をUWSCで実行する

Search
Meta
Links
Feeds
PR
PR

Page Top